読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科学生のノート

歯科学生の国家試験のためのノート ご利用は自己責任でお願いします。ご指摘などはokazunotakkyubin☆gmail.com ☆を@に スマホ版は下に教科ごとのカテゴリーがあります。↓検索窓に語句をいれると説明がでるかも

骨折

骨折の分類

原因

外傷性骨折⇄病的骨折

 

軟組織損傷

単純骨折⇄複雑骨折

「バラバラになったか」ではない

 

離断の程度

完全骨折(遊離)⇄不完全骨折(亀裂)

 

骨折線

単線骨折⇄複線(多線、粉砕)骨折

 

外力の作用部位

直達骨折⇄会達骨折

オトガイ打って筋突起

 

時間

新鮮骨折⇄陳旧骨折

(受傷後10〜15日以上経過)

 

 

骨折の診断に使うX線

PA、側方向、パノラマ撮影法

口内法、咬合法、Waters法、CT

 

頬骨弓骨折には

Waters法 軸方向撮影法

逆にいうと軸方向がきたら頬骨弓を疑う

 

簡単な診断法

開口障害    咬合障害   診断

あり            あり           関節突起骨折

                    なし           頬骨弓骨折

なし            あり           上顎骨か下顎骨体部

                    なし          歯槽骨か筋突起骨折

 

Le Fortの分類について

Ⅰ型 口腔外科領域

鼻出血、眼症状なし

 

Ⅱ型 耳鼻科領域

鼻出血、上顎知覚異常、三日月様顔貌、皿状顔貌、開口、複視

 

Ⅲ型 脳外科領域

鼻出血

上顎知覚異常なし

眼症状

 

一般問題ではどれもでる可能性があるが臨床問題ならⅠ型が多い。なぜなら口腔外科領域だから。

 

骨折による偏位

どちらに移動するかはどちらが大きいかで考える

 

右側下顎頭肥大→右が大きい→左にいく

右側関節突起骨折→右が小さくなる→右に

右側顎関節前方脱臼→右が前にでる→左に

 

 

骨折の治療法

投薬プラス

 

下顎骨体部骨折

整復+金属プレート+線副子

整復+骨縫合+線副子

 

頬骨弓骨折

観血的整復+顎外固定

 

筋突起骨折

整復+線副子+開口訓練

 

小児の骨折

整復+床副子+囲繞結紮

 

老人

整復+金属プレート+床副子+囲繞結紮

整復+骨縫合+床副子+囲繞結紮