読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科学生のノート

歯科学生の国家試験のためのノート ご利用は自己責任でお願いします。ご指摘などはokazunotakkyubin☆gmail.com ☆を@に スマホ版は下に教科ごとのカテゴリーがあります。↓検索窓に語句をいれると説明がでるかも

染色法の種類

病理

PAS染色

細胞内グリコーゲンや真菌を赤紫に染色
グリコーゲンやカンジダに有効

SudanⅢ染色

中性脂肪を橙黄〜橙赤に染色
脂肪の存在を診断に用いる場合

覚え方
スーダンボイル(スーザンボ○ル)を想像

Grocott染色

真菌細胞壁を黒に染める
真菌や放線菌の存在の診断に用いる

Congo-Red染色

アミロイドをピンク〜橙赤に染色する
組織へのアミロイドの沈着の観察に用いる

覚え方
今後亜美ちゃんは赤が好き

Ziehl-Neelzen染色

抗酸菌を淡赤〜濃赤に染色
抗酸菌の証明特に結核の診断に用いる

覚え方
チールさん 結核で降参

HE染色

ヘマトキシリンにより細胞の核を青〜藍に
エオジンにより細胞質をピンクに染める
基本的な染色

May-Giemsa染色

核を赤紫、細胞質を青、赤血球を赤〜ピンク、抗酸性顆粒を赤色、好塩基性顆粒を青に染色する
血液塗抹標本や原虫の検出

Papanicoaou染色
核を青藍、重層扁平上皮を橙〜ピンク〜濃青緑、表層細胞を橙赤〜ピンク、中層細胞を淡青緑、深層細胞を青緑〜濃青緑に染色する
細胞診で最も用いられる

パパニッコリ 細胞診